カラフル・アニマル展 開催報告

こんにちは。桜が満開となり本格的な春の訪れを感じる日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は今月5日〜13日に弊チームが武雄市子ども図書館にて開催した、こども向け絵画展示イベント「カラフル・アニマル展」の振り返り記事です。お手すきの際にぜひご一読ください。


|「カラフル・アニマル展」を開催

武雄市こども図書館と幣チームの共催で、佐賀市に拠点を置くアート集団「GENIUS」様のご協力の元、こども向けの絵画展示イベント「カラフル・アニマル展」を開催しました。「それぞれの表現を大切にする」という意味が込められた「カラフル」という言葉を軸に、「どうぶつ」をテーマとした作品がこども図書館を彩りました。


◎カラフル・アニマル展

開催日時:3月5日〜3月13日 午前9時〜午後9時

参加費:無料

場所:武雄市こども図書館 プレイ&ワークスペース


◎展示関連イベント「カラフル・アニマル展」キッズアートワークショップ~桃太郎のオリジナルおともをつくってみよう!~

開催日時:3月6日(日) ①14:00~ ②15:30〜

参加人数:6名

対象:佐賀県内在住、小学生以下のお子様とその保護者

参加費:無料



|展示のようす

展示ではライオンやコアラ、猫や鳥など、様々などうぶつをモチーフとした作品が並びました。

お子様は作品を見て楽しそうに家族と感想を共有したり、お気に入りの作品を熱心に見つめたりと、様々な表情を見せていました。


|ワークショップのようす

ワークショップでは、展示テーマの「どうぶつ」にちなんで、スチレンボードや画用紙などの材料を使ってオリジナルの桃太郎のおともをつくりました。完成した作品は展示され、多くの方に楽しんでいただきました。

今回は教育について学ぶ学生がスタッフとして参加し、お子様の作品づくりをサポートさせていただきました。学生の声掛けが子ども達の表現をスムーズにし、1時間の作業に驚くほど集中して取り組むことができました。




|足を運んでいただいた皆様からの声

アンケートでいただいたお言葉を一部ご紹介します。

■ 将来子供が生まれたら、このような展示を通して、小さい頃からアート(美術)に触れられる機会を設けたいな、と感じた。
■ 物や色の見え方にそれぞれの個性があり、みていて楽しかった。


|最後に

ご来場いただいた方に一人一枚シールを貼っていただきボード2枚がシールでいっぱいになりました。足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。皆様のご協力により鑑賞やワークショップでの表現を通じて、皆様にアートを楽しむ時間をご提供することができました。今後とも1㎡ Artをよろしくお願いいたします。




|GENIUSについて

​​今回の展示にご協力いただきました、GENIUS様は佐賀市にアトリエを構えるアート集団です。アートやデザインの活動をベースとし、”突き抜けた才能”を生かす道を作る支援をしています。所属アーティストの作品は、昨年末から今年1月まで開催された「関係するアート展」(佐賀県立博物館)への出品、「さが県民手帳」のデザインとしての採用など、活躍の幅を広げています。また九州のメディアによる取材、ドキュメンタリー番組の放送等、注目を集めているチームです。


GENIUS様 公式ホームページはこちら



関連SNS

Instagram:@1m_art_saga


Twitter:@1m_art_saga

https://twitter.com/1m_art_saga


記事編集:大渕 彩永(Make-Senseメンバー,本企画立案者)


 

Make-Senseの最新情報

弊チームは「地方創生」と「アート」を軸として佐賀を拠点に活動するプロジェクト&デザインチームです。佐賀大学芸術地域デザイン学部に在学する学生で構成されています。弊チームに関する詳細は公式ホームページからご覧いただけます。


閲覧数:47回

関連記事

すべて表示