ゲリラ美少女展 開催

明けましておめでとうございます。先月と比べて一段と寒さが厳しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?今回は芸術地域デザイン学部の学生によるイベント展示「ゲリラ美少女展」のご紹介です。


「ゲリラ美少女展」とは?

このイベントは、「昨日まで何も無かった空き店舗に"秋葉原"の様な空間をつくる」ことで商店街を元気づけることを目的とした取り組みです。イベント主催者は佐賀大学芸術地域デザイン学部でまちづくりについて学ぶ学生で、卒業制作としてこの「ゲリラ美少女展」を企画したそうです。



空き店舗の短期利用に着目

新型コロナウイルスの流行によって空き店舗が増え街の活気が失われていく中、空き店舗の短期的な利用に着目し、即座にギャラリーを作ることで街を元気づけたいと思いました。


そこで、伸縮構造によって簡単に展開・折りたたみが行える持ち運びのしやすい展示棚を制作し、当イベントは制作した棚の言わば実践編として成り立っています。


(文=展示主催者,朝倉 隆平,佐賀大学芸術地域デザイン学部4年)


関係者コメント

学生クリエイター5人のデジタルイラストとフィギュアコレクターのコレクション、私の伸縮構造展示棚を展示しています。鮮やかな色彩や細やかな造形と描写をどうぞお楽しみください。


(文=展示主催者,朝倉 隆平,佐賀大学芸術地域デザイン学部4年)


会期

1月16日(日)〜17(月曜) 両日13時〜21時

入場料:無料


会場

副島紙文具店空き店舗

〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人 2-7-12

佐賀中央大通り焼肉炎壽横


駐輪場

会場建物横駐車場52番


駐車場

近くのコインパーキングをご利用ください。


問い合わせ先

asarakku@outlook.jp




記事編集:高桑 正誠(Make-Senseプロジェクトディレクター)

 

Make-Sense アートスペースプロジェクト

本記事はMake-Senseアートスペースプロジェクトの一環として執筆しました。Make-Senseアートスペースプロジェクトでは「みる。つくる。つなぐアート。」をコンセプトに佐賀の学生アート活動を支援していきます。現在、50作品以上をオンラインアートギャラリーで公開中です。

詳しくは下記のリンクをクリックするとご覧いただけます。


 

Make-Senseとは?

佐賀を拠点に活動する学生プロジェクト&デザインチームです。佐賀大学芸術地域デザイン学部の学生が中心となって活動しています。佐賀を拠点にイルミネーションデザインから都市計画の提案プロジェクトまで幅広い分野で活動しています。詳しくは弊チーム公式ホームページをご覧ください。


Make-Sense活動情報


閲覧数:179回

関連記事

すべて表示